エルム中央交通

カテゴリ: 京王/都営新宿線

1月が終わりました。

1月の大きな出来事としては、山手線E231系引退でしょうが、
京王7000系10連に初の廃車が出たことも大きかったです。

それが7729F。編成組み換えによって誕生した編成番号のため、古参ファンにとっては7710Fでしょうか。

IMG_1608
現在はLED幕となった7804Fと高幡不動にて並ぶ。

SSC_0683
以前のダイヤで見られた京八急行。

IMG_3746
都営10-000形を見送っていたらこんな場面もありました。

SSC_0645
この構図もすっかり広まった感があります。新宿入線。

SSC_1523
都営新宿線内の行先幕は6000系を思い出させる緑幕を装備していますが、
馬急は晴れると逆光なので苦労させられました。

SSC_9729
探してみると意外と順光カットは撮っているようで撮っていませんでした。

SSC_1124_NEW
夏の有名撮影地、南平にて。

SSC_1039_NEW
一方こちらは冬の有名撮影地、長沼。

SSC_0309
そんな7729Fの試運転を一度だけ撮影したことが。


SSC_0302 (2)
入換でごまかし。

ここからは2019年。
7729Fの最晩年の記録となりました。

SSC_0765 (2)

本線の高架化を見届けることなく廃車となりました。
オレンジ準特幕との組み合わせも短命に。

SSC_0309 (2)
同編成が装着した最後のヘッドマークは京王電車スタンプラリーでしょう。

DSC_1195 (2)


SSC_1314 (2)
そして最終撮影は昨年5月でした。

以上です。
現在は既に解体されたとか。




また1つ、新宿線の歴史が幕を閉じました。

ついに10-000形7次車が廃車となり、コルゲート車が消滅。
残るは8次2本のみとなりました。
以前260Fの写真を上げましたが、今回は250Fが廃車となったので250の写真です。


イメージ 1
イメージ 2
ハマチョー。

イメージ 3

まーた11Tの回送。ここの踏切は廃止予定です。

イメージ 4

数少ない晴れカット。260ばっかり撮ってて250は疎かになりました。

イメージ 5

雪の中、230Fと肩を寄せ合う。

イメージ 6
8両急行が定期であった時代。

イメージ 7
昨年11月の雪。南大沢なら積もっているだろうということで行った記憶。

イメージ 8
メンターテ。

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
水色の近畿車両製のプレートが、7次の証。
イメージ 12
そんな250ですが最後はこんなステッカーが付きました。


イメージ 13
そして末期には急行代走に。
イメージ 14


以上、ざっと写真を出しました。
次はいよいよ8次…
今更撮りに行くのも怠いです。





続きです。

イメージ 1
高幡始発の快速本八幡行き。出庫してきて4番入線なので、このように撮れます。

イメージ 2
同列番。めじろ台Bも何度も行きました。

イメージ 3
1T代走。

イメージ 4
昨年11月、突如雪が降った時に撮影。

イメージ 5
今年1月から掲出した、8人の容疑者HM。 同編成が掲出したHMはこれが最後でした。

イメージ 6
冬光線の八幡山。
イメージ 7
2017年の正月が最後の正月となることは誰もが予想出来ていたこと。
イメージ 8
この干支HMは年々掲出期間が短くなってきてるような……

イメージ 9

上北沢メンターテ

イメージ 10

平日8連唯一の本線運用は27Tとなりました。

イメージ 11

森下にて。
イメージ 12

このHMが付いてからやたら撮ってます。

イメージ 13

イメージ 14

そして最末期には、なんと前面車番が緑に戻されました。
イメージ 15

最後はハイビでやられました…

これまで何度もお世話になった編成の引退というのは、何とも複雑な感情が湧いてきます。

以上です。


先日、都営地下鉄最古参であった10-240Fが若葉台へ廃車回送となりました。

この240Fは2009年までは幕車として走っていました。
13年度に廃車になった210Fまでのグループと同一の外観だったわけです。


簡単ですが、これまでの写真を振り返ります。

イメージ 1
かつてはこのような光景も見れたものの…

イメージ 2
懐かしい47T。
イメージ 3

イメージ 4
これも懐かしい瑞江行き。そもそも本八幡まであとちょっとの瑞江で止める意味が最初は分かりませんでした。
イメージ 5
都営新宿線内の地上区間として有名な船堀。
最近ではなく2年前の撮影です。

イメージ 6
イメージ 7

300Rとの並び。まさかこんなに早く両者とも消えるとは…

イメージ 8

09年の改修で側面行先幕の位置が移設されました。
写真は、15年9月のダイヤ修正初日のセンター快速に充当されたときのもの。

イメージ 9

これ以降、日中に頻繁に都営車を相模原線内で見かけるようになったことから、都営相模原線という言葉が生まれました。
イメージ 10

続く




今回は10-000形の記事です。
近年廃車が進む同形式ですが、17年度初の廃車は7次の260Fとなりました。

そこで、今回も写真を振り返ってみます。

イメージ 1
2014/12/31 東大島にて(現在は撮影禁止)。

7次車は当初スカートが付いていなかったですが、2004年に付けられました。
イメージ 2
2016/5/23 南大沢にて。

イメージ 3

2015/9/15  71kT代走をする姿。
裏被りが痛いですが代走が撮れているだけでもいいほうです。

イメージ 4
16年のダイヤ改正で、土日の8両急行が復活。260F充当時に3回撮影チャンスがありました。
まずは曇りですが回送から。
イメージ 5
多摩川橋梁を渡る。

イメージ 6

被りつき。サイド打ちだとスカートが目立たないのでナンセンスだと思いました。

イメージ 7
冬光線の長沼で返却回送。

イメージ 8
2016/2/26  65kT代走@桜上水
高架化される予定の駅であり、車両も風景も過去になる日が来るでしょう。

イメージ 9
一時的に復活した都営車の高幡不動行き。
最末期は、昨年9月から設定の27T高尾山口行きに何度も入っていました。



イメージ 10
ちょっと側面が薄いような気もしますが、冬の京王多摩川にて。

イメージ 11
43T-23T-21Tと、都営車8連が続いて本線調布以西に来ていた時のもの。

イメージ 12

そして今年2月によみランで撮影したもの。これが260Fの最終撮影となりました。

イメージ 13

以上、簡単に振り返りました。

このページのトップヘ