エルム中央交通

カテゴリ: 関西電力

続き

今度は走行シーンをメインに。

イメージ 1
山を下りてくるのが見えたら

イメージ 2
重連のように次々と来ます。

イメージ 3
非公式側。

イメージ 4

イメージ 5
出発の際は手を上げて。

イメージ 6
前照灯が点灯、ありがたいです。

イメージ 7
出発してすぐ、坂道を登っていきます。


イメージ 8

公式側を編成写真っぽく横で。
撮影会中何度も同じような写真を撮ったので後は省略します。


イメージ 9
ローアンで。

イメージ 10
そしてお酒を飲んで温泉入って、2日目へ。

いよいよ乗車。

イメージ 11
改札口。
中国人がたくさんいました。

イメージ 12
まさに駆け込み撮影でした。

イメージ 13
2日目は撮影会というよりダム見学会でした。
なので急いで写真を撮って移動です。

イメージ 14
こういった表示類を逃さずに撮り

イメージ 15
待っていたのは最高のロケーション。

いい思い出になりました。

機会があればまた行ってみたいです。


11月10日、11日で、黒部ダムの長野県側で走る、関電トンネルトロリーバスを撮影してきました。

今回はトロリーバスの最後の姿をとらえるべく、ホテルの撮影会プランというものに申し込みました。

イメージ 1
トロリーバスの始発駅、扇沢駅へ。
そこには、富山地鉄の誇る95号車が。



イメージ 2
トロリーバスの表記もしっかり記録。


撮影会は、扇沢駅に隣接の車庫内で行われました。
日陰で寒かったですが、その分じっくりと記録が出来ました。

イメージ 3
今年に入ってからは「トロバスラストイヤー」と銘打って、車両前面にHMシールが貼付されています。

イメージ 4
開始後、ここから出庫する車もありました。
トロリーバスはお客さんの数によって臨機応変に増発対応が出来るようで…

イメージ 5
このような出庫シーンも見れました。

イメージ 6
撮影会ではすぐそばを営業車両が走行するので、出発到着の合間に車両細部を撮影する、という流れでした。

イメージ 7
庫内で整備中。

イメージ 8
来年から走る電気バス(左)。見た目はもうLV290そのものです。


イメージ 9
電気バスの車内。

イメージ 10
一方でトロバス300型の運転席。


イメージ 11
車内も惜しみなく撮りました。

イメージ 12
94年にグローリア賞を受賞したようです。

イメージ 13
関西電力ということもあり、製造元は大阪。
大阪車輛工業はロープウェーの製造でも知られています。

イメージ 14

イメージ 15
座ってみると柔らかい座席でした。

続く





このページのトップヘ