エルム中央交通

カテゴリ: 函館市企業局交通部

続き


イメージ 1

このポイントでは2回撮影して、すぐ近くの別のポイントへ。

イメージ 2

奥に青函連絡船記念館を望むことが出来る有名な撮影ポイント。


市電の撮影をしている途中で、脱線事故発生。

イメージ 9

五稜郭公園前で折り返し運転を行っていたためこのような幕が見れました。

イメージ 10

駒場車庫へ移動し、その周辺で撮影しました。
イメージ 11

お目当ての530型、尾灯が点いているので朝は動いていたよう。

イメージ 12
事故の影響で昼間にも関わらず車両を入庫させたりしていました。

イメージ 13

北海道新幹線塗装は入庫せず動いていました。

イメージ 14

原型塗装も帰ってきました。
イメージ 15

同じ形式を名乗っていても違う形式みたいなものです。

イメージ 16

待っても530は動きそうになかったので撤収しました。

函館市電は次いつ撮影出来るか分かりません。





12月29日、2日目は、函館市電の撮影。
まずは、函館山周辺の撮影ポイントを巡ってみました。

イメージ 11

2系統の青柳町電停。函館は坂が多いため、坂を生かした路面電車撮影をしてみたかったのです。

イメージ 12


イメージ 13

8000形8008号。やっぱり広告。

イメージ 14

地元企業スナッフルスの広告をまとった718号。

なお十字街で系統が分かれると本数が少ないので、足早に次の撮影ポイントへ。

イメージ 15

続いて、5系統の末広町電停の近くにある相馬株式会社前。函館らしい洋館建築の前で、撮影しました。

イメージ 16

少々構図が難しい。

続く

このページのトップヘ