エルム中央交通

カテゴリ: 西鉄

8000形に福岡天神~二日市まで乗車。
二日市~大宰府で運用されている8000形観光列車「旅人」を撮影、乗車しました。
イメージ 1

イメージ 2

細部までこだわりの車内。これも置き換え計画にあります。

イメージ 6



せっかくなので学問の神様菅原道真公を祀った大宰府へ。
イメージ 3

平日なのでこれでも空いている方でしょう。

イメージ 7



イメージ 4

7000形。3000形の前の車両で、大きな前面窓が特徴的。

イメージ 5

二日市駅で8000形のもう一つのラッピングを撮影。こちらもすでに終了していますが、柳川さげもん祭りラッピング。

イメージ 8


次はラスト、JR筑肥線です。

遠征最終日の大きな目的。それは、3年後の引退が発表された西鉄8000系を撮ることでした。
西鉄の看板車に突然の余命宣告。 天神大牟田線は東京の私鉄に近いスタイルでした。
イメージ 1

主に急行に充当される3000系。今後は8000系も同形が置き換える模様です。
イメージ 2

5000形は昭和57年登場。
イメージ 3

西鉄8000形妖怪ウオッチラッピング。
このラッピングはすでに終了。ぎりぎり間に合ったという感じです。
イメージ 4

1両ごとにデザインが違うようです。
イメージ 5

6000形車両。外観は5000形に準じますがVVVFインバータ制御です。

イメージ 6

8000形ラッピング無し編成。
8000形が登場から25年で余命宣告されたのには、2ドアであること、特急運用中心で老朽化が進行、といった理由があります。
イメージ 7




香椎駅から西鉄香椎駅まで歩いて貝塚線の撮影を開始。

車両は今年1月まで313形という古参車両が走っていました。現在は車庫で保管されていて撮影は敷地外から出来ると聞いたのでそれが目的です。

イメージ 1

貝塚線は313形がいなくなっても600形が健在です。
イメージ 2

昭和37年製という古さ。ですがまだまだ走れそうです。



イメージ 3

貝塚駅から歩いて車庫へ。313形、思ったより見やすい位置にいました。
現役時は間に合いませんでしたがこうして撮れるだけでもありがたいです。

車庫の近くにアーチ橋があったので撮影をすることに。

イメージ 4

趣あるアーチ橋で水鏡。

イメージ 5

咲き始めた桜と600形。

貝塚に戻って地下鉄に乗り換え。
イメージ 6

福岡市営地下鉄1000系。

このページのトップヘ