エルム中央交通

カテゴリ: 長崎電気軌道

花曇り、これほどクソなものはない。最悪の土日でした。

本当は夕張に行っても良かったのですがお金を見て断念。

そして遠く離れた長崎の地では箱根登山鉄道、都電、仙台市電の残党が引退となりました。

私は昨年4月の車庫見学時に撮ってはいたのですが、
さすがに動くところを見たいと思い、都電(701号)が走る日を選んで行ってきました。

イメージ 1
まず車内を。

イメージ 2
都電時代は2000形を名乗っていた701号。
このとき、職員の方から最近は路面電車の日イベントで動いていますと聞いただけに、今回の引退は唐突過ぎです。

荒川車庫へ引き取られ6086号と並ぶことも無さそうです。

イメージ 3

さて、走行シーンを。

3/16は午前午後1往復でしたが、東京の始発の飛行機で長崎に行ったため、
午前は間に合わーず。アホ。

イメージ 4
浦上車庫を出て蛍茶屋へ向かう系統で午後順光かつ被りなし、と探すとここしかありませんでした。

長崎は、他の都市と比べても坂が多いので自転車被りの心配は無しですが、やはり車が多いので交差点で撮るのはほぼ不可能なのです。

練習電をいくつかピックアップ。

イメージ 5
ミトーカデザインのみなとも来ました。

イメージ 6
日の丸構図となりますが被りが無いのなら妥協です。

イメージ 7

ジェットスターの長崎行きは時間が中途半端なので使わないかな…

イメージ 8
某市電の某車両に似ている・・・・

イメージ 21


イメージ 9
そして本番。
通常ダイヤの合間を縫って貸切幕で登場。時代がタイムスリップした感覚です。

イメージ 10
車の裏被りも避けることができました。

イメージ 11
全力ダッシュして電停へ。

イメージ 12
サイド打ち。

後続電に乗って出島へ。

イメージ 13
観光地出島の建物をバックに撮ることが出来る有名撮影地。
ここも9割ぐらい被り無しで撮れます。

イメージ 14
正覚寺下→崇福寺と名前を変え大きな話題となっていましたが…まだ違和感が。

イメージ 15
本番。速度を落としゆっくり通過していきました。
さすが、レトロな建物にマッチしています。

イメージ 16
古参の211形と並び。

イメージ 17
束の間の並びの後、長崎駅前へと去っていきました。

イメージ 18
少し居残って撮影。

イメージ 19

イメージ 20
以上です。

普段から先回りして記録しておかないと痛い目に遭いますね。
ともあれ、長らくの活躍お疲れ様でした。


先週、長崎に行ってきましたので、
その時撮影した市電を。




イメージ 1
まずは浦上車庫見学から。

念願の都電2000形に会えました。

イメージ 2
なお、車内も立ち入れるのが長崎のポイントです。広島より寛容です。

イメージ 3
こちらが、仙台市電より移籍の1051。
都電、仙台市電とも、最後の1両をイベント用に残しているとのこと。

イメージ 4
11月のイベントでは動くようです。

イメージ 5
庫内へ。正覚寺下、浦上車庫前、どちらも8月から名称が変わるので、貴重な1枚になりそうです。

イメージ 6


イメージ 7
残念ながら非常に撮りにくかった箱根登山。


イメージ 8
貸切貸切貸切。

イメージ 9


イメージ 10
熊本市電からも買い取ったようです。
手前にいる割には普段動かさないようです。

イメージ 11
最近、全国で増殖中の京急ラッピング。この日は午後出庫とのことでした。

イメージ 12

イメージ 13
様々な車両が停まっており博物館状態です。

イメージ 14
また、試運転も撮れました。

イメージ 15
教習教習教習。


以上です。

このページのトップヘ