エルム中央交通

カテゴリ: JR九州

天気予報を見て九州行きを急遽決断してしまいました。


イメージ 1
「或る列車」の長崎コースを喜々津俯瞰で。

イメージ 2
菜の花を入れてキハ200。キハ200の方がキハ66より運用が少ないので撮影側からしたら助かります。


イメージ 3
完全順光ではないですがサイド重視ということで…

イメージ 4
787系の臨時かもめ。


イメージ 5
キハ66は今回が初めてではないですが、前回はバスのついでに撮ったぐらいなので今回に賭ける思いはひとしお。

イメージ 6
3221D。朝は快速、日中は区間快速が運転されます。

イメージ 7
車内は、国鉄時代の面影を色濃く残しています。

イメージ 8
国鉄色との並びも押さえました。

イメージ 9
日本最西端となる佐世保駅にも到達。
残すは最南端。

イメージ 10
難読駅名である南風崎。ここには有名撮影地が。

イメージ 11
ハウステンボスカラーは1本のみとあって貴重です。

イメージ 12
国鉄色も運用通り流れてきました。
今回はリベンジ。

イメージ 13
〆はシーサイドライナー。

イメージ 14
何とハウステンボスまで歩けました。そしてここから高速バスで帰路に。


以上です。




最後は九州に残る103系を撮影。
今年2月まで福岡市営地下鉄にも乗り入れていた103系1500番台ですが、新型の305系が運用入りするとどんどん運用を離脱、現在博多近郊に疎開留置が何本かいます。
地下鉄にこそ来なくなりましたが、筑肥線筑前前原~唐津間のワンマン運転で残っているとのことだったので行きました。
イメージ 1

これが九州の103系。
イメージ 2

車内。トイレも付いています。

イメージ 3

沿線撮影地で103系を撮りたかったので筑前深江へ。103系が離合します。


イメージ 4

新型の305系。

イメージ 5

少し場所移動して唐津行きの103系。

イメージ 6

背景に桜の木がありますがさすがにまだ咲きはじめなので分かりません。

これで撮影は終了。
イメージ 7

博多から5時間かけて700系のぞみで東京に戻りました。
700系ののぞみ運用は減っているようです。



こうして、春休みの九州遠征は終わりました。

最終日3月30日月曜日の報告です。

この日はJR鹿児島本線→西鉄貝塚線→西鉄天神大牟田線→JR筑肥線と移動。

朝はまた415系を狙って博多→福工大前へ。
福工大前で415系の12両快速を狙いたかったのでまずは下見。
時間が空いたので吉塚に戻って撮影開始。


イメージ 1

783系特急にちりんシーガイア号。783系はJRグループ初の特急車両として1988年に登場。当時のカラーリングは現在とはまったく違うもの。
ハイパーサルーンの愛称があります。
イメージ 2

こちらは813系並び。右がこの時だけしか見れなかった福北ゆたか線の813系で、左が福岡大分でよく見る813系100番台です。

イメージ 3

福工大前に戻って3223M 快速南福岡行きを撮影。12両編成は九州最長。

この日は貴重なステンレス車で揃えてきました。

しかも前4両のFj1501編成はJR東日本から移籍した編成。
イメージ 4

転落防止幌の青い帯。これが常磐線時代の名残りです。

イメージ 5


イメージ 6

415系鋼製車とステンレス車の連結も九州ならでは。

イメージ 7

撮影終わりに香椎駅で香椎線の車両を撮影。

4日目の続き

午前は門司港で過ごし、午後は早速筑豊本線の筑前垣生駅へ。
ここで直方行きの485系臨時を撮影しました。

有名撮影地とあって30人ぐらい集まりました。
イメージ 1


このあと直方から大分まで返却回送されるとのことだったので小倉へ。
イメージ 2

小倉駅の北九州モノレールも撮影しておきました。
写真の1000形は1985年の開業時から活躍する車両です。

返却はなんとか日が持ちそうだった西小倉駅へ。
イメージ 3

ようやくいそかぜ幕も撮影出来ました。
イメージ 4

小倉で折り返し日豊本線を下ろうとする485系。

イメージ 5

あと福北ゆたか線乗り入れの415系も。


イメージ 6

そして小倉駅で見られる415系並び。
イメージ 7

ついでに筑豊本線(ゆたか線)の817系。

この日は博多駅の近くに宿泊。
イメージ 8



3月28日土曜日の撮影報告です。

この日は遠征の目的の一つである、485系Do32編成使用の臨時列車を撮影しに朝から日豊本線を撮影しました。

まず415系で杵築(きつき)へ。
そこから徒歩10分ぐらいで、出原踏切に着きます。
今は終わりかけでしょうが、菜の花が満開でした。
イメージ 1

415系Fo507編成の大分行き。下関からの直通運用で、この編成は2000年代半ばまで常磐線で活躍していた編成です。


イメージ 2

そしてお目当ての4075レ貨物。EF81 408号機牽引でした。


お次は立石~中山香の直線へ。
ここで、485系を待ちました。
イメージ 3

白いかもめ885系。今回は乗車は出来ませんでした。

イメージ 4

そして485系3両。九州最後の485系です。今は波動用の1本のみ。
本当は5両編成でしたが中間2両の検査期限の関係で3両での運転に。
ちなみにこれは28日と29日に直方~臼杵間で運転されたリバイバル夕月・いそかぜです。


イメージ 5

この日の撮影はこれでほぼ終わりでしたが、途中に宇佐駅があったので撮影。


あとは大分に宿泊したのですが、帰り際にまたFo507編成を撮影出来ました。

このページのトップヘ