エルム中央交通

カテゴリ: 大井川鐡道

今日は大井川鐡道へ。

狙うは、7月13日より再びEL代走となったかわね路号。

土日はトーマスが運転となるため、必然的に西武釜ことE33+E34の重連を見ることが出来ます。

SSC_1287 (2)
その前に家山にて、急行を狙うことに。
7200であることは想像つきましたが、まさかの1両でした。

続いて、福用のインカーブへ。

SSC_0508

ここは2016年にも訪れていますが、その時は晴れてしまったので今回リベンジ。

DSC_1230 (2)

ジェームスの運転日と自分の予定がまたしても合いませんでした。

DSC_1237 (2)
そして本番。往路は、フル点灯でした。
客車の組成も雑多な感じでV。

DSC_1245 (2)
追っかけはギリギリでしたが崎平へ。

DSC_1250 (2)
西武での現役時代は撮れていないので、今後も動く時は時間の許す限り撮りたいです…

SSC_1300 (2)
急行の返し。1両と分かっていたので、地名の有名なトンネルと絡めました。

CSC_1265 (2)
トーマス復路。第一橋梁、抜里インカは履修済み。
ならばと、抜里手前のストレートで。

SSC_1305 (2)
南海ズームカー。最近は、丸缶スタイルがお馴染みとなりました。



SSC_1308 (2)

曇りの時は空を徹底的に入れないようにしています。
この後の追っかけには見事失敗し、雨の藤枝バイパスを走って帰りました…


昨日は天気も良かったので、急遽大井川鐡道の撮影へ。

3回目となる今回は、SL運転開始40周年記念HMを付けて走るSLかわね路号と、先日搬入された14系を見ることが目的でした。

イメージ 1

金谷駅から大井川鐡道に乗るのではなく、隣の新金谷まで歩きました。
イメージ 2

着いてすぐ、解体予定の客車オハ35が側線に入る様子を目撃。
長らく放置されていた元西武、岳南等の車両も解体され、少々寂しくなった大代側線へと入りました。

イメージ 3
SLトーマスに使用する客車と、14系座席車。

イメージ 4

14系は冷房が付いているため、乗客の要望に応えての購入だとか。

イメージ 5

今年から走り始めたバスのバーティー。日野のポンチョに顔をくっつけています。
イメージ 6

新金谷から普通に乗車。南海21000系同士が交換しました。

午前のSL2本を撮るため、福用駅で下車。
イメージ 7

個性的な駅舎。大井川鐡道では珍しい洋風です。

ここから徒歩10分の、有名な撮影地で待ちました。

イメージ 8

逆光ですが、臨時急行に充当の16000系16002F。

イメージ 9

1発目、SLトーマス13号。煙は大して出ず。前回はトーマスジェームズ重連だったため、単体のトーマスは初めてです。

イメージ 10
そしてSLかわね路1号。C11 190は、熊本からやってきた機関車で、緑プレート。
イメージ 11
午後は抜里~家山の抜里カーブ。

イメージ 12

SLトーマス14号。
イメージ 13

そしてSLかわね路復路。

イメージ 14

練習で来た東急。

以上です。

昨日の続きです。

大井川鐡道千頭駅でトーマス、ジェームズの転車台回転シーンを撮影したのは12時半過ぎ。午後のトーマス14号を撮影するために乗らなければならない電車は12時45分・・・・・・ということで、急いで駅に戻りました。

イメージ 1


イメージ 2

車内から無理やり撮りました。おそらく乗っている電車が出てからその位置にジェームズが収まるのでしょう。

午後の撮影場所は、川根温泉笹間渡駅近くの大井川第一橋梁。というか、ここで撮る人がほとんどでしょう。


イメージ 3

笹間渡へ向かう途中で、千頭行きかわね路1号と離合。牽引は前回撮影したC10でした。

イメージ 4

臨時急行に近鉄車が入っていました。この時はまだ影が橋にかかっていませんが、この後徐々に影が伸びてきて苦戦しました。
イメージ 5

こんな感じです。客車に影、機関車手前に影がどぼん。
さらにここで後続の列車も撮影することに。

イメージ 6

東急7200系の中間運転台取り付け車が来ました。
イメージ 7

ダイヤモンドカットと平面顔の違いがはっきり分かります。

イメージ 8

トーマスの40分後、かわね路2号通過時にはこうなりました。
この後、笹間渡からの普通列車は17時台までありません。なので、家山駅まで歩いて時間潰し。

イメージ 9

家山まで歩いた目的は、この京阪3000系。一昨年引退し、新金谷で留置された後、家山に移動しました。次またどこに行くか処遇がわからないため、この機会に撮っておきました。

イメージ 10

これが前回訪問時の写真。新金谷に留置されていた時より今は撮りやすくなりましたが、車体の腐食は確実に進んでいました。

イメージ 11

イメージ 12

いえやまの古びた看板と、寂しげなテレビカーの文字。


イメージ 13


こうして大井川鐡道2回目の撮影は終わりました。




小さな子供たちには最高のクリスマスプレゼントだったのではと言えるイベントが昨日、ありました。正確には24日もありましたが、静岡県の大井川鐡道で、SLトーマス号が運転されました。

本来ならば夏期間のみのトーマスですが、このクリスマスの2日間、トーマスとジェームズが重連運転となりました。
今回はSL撮影がメインでしたので日帰りで行くことに。
大井川鉄道の起点、金谷に着いたのは7時20分過ぎ。
約20分発車を待って大井川鐡道の旅がスタート。

イメージ 10

乗車は元近鉄の16000系。前回も金谷からこれに乗りました。
上には90周年の看板が。

最初に向かった撮影地は崎平~青部にかかる大井川第二橋梁。ここは午前中、光線が下り列車に対していい方なので混雑は覚悟していました。
イメージ 11

先ほど乗った列車の返しが来ました。終点千頭まで1駅ですので近いです。

イメージ 12

そして今回初めてお目にかかった大井川の新車、7200系。元東急電鉄車で、その後廃線となっている十和田観光電鉄に移籍し活躍していました。

こちらのダイヤモンドカットは千頭寄りです。金谷寄りは、別の顔をしています。
東急電鉄ではもうお目にかかれない顔の車両で、早速順光で撮れて良かったです。

イメージ 13

そしてこの日はSLトーマス号に合わせ臨時急行が南海ズームカー21000系によって運転されました。
そして・・・・

イメージ 14

確かにトーマスとジェームズが重連でした。
この後は千頭駅へ。

イメージ 15

南海の左がお祭り状態。パーシーは分かるとして、真ん中の黒いのはヒロ。
イメージ 16

このトーマスのなかまたちに近づくにはさらに500円かかりました。

トーマス、ジェームズの転車台回転を撮影しました。



イメージ 1
まずはトーマス。奥のホームにも人だかり。

イメージ 2

イメージ 3

手で押す方も大変です。
イメージ 4

1回転で済みそうでしたがサービスのためか2回転してました。

イメージ 5

ちなみに目玉が動かせるらしいです。
イメージ 6

続いてジェームズ。こちらになると時間がいよいよ厳しくなってきました。
イメージ 7

奥は人が減ってますが手前の人だかりは減っていませんでした。

イメージ 8

イメージ 9
続く









このページのトップヘ