エルム中央交通

2019年09月

今年から豊洲市場での開催となったバスまつりへ。

豊洲市場の観光は一切せず、バスだけを撮っておりました・・・

SSC_1223
まずは会場と築地市場駅・勝どき駅を結ぶシャトルバス。
D代の燃料電池バスももちろん良いのですが、やはり今回の主役はL代扁平でしょう。

SSC_1221


SSC_1225 (2)
2003年度に投入されたL代ですが、今年度の新車投入で大多数が除籍される見込みです。

L788は南千住から来ていましたが、除籍時期についても車内でアナウンスされたんだとか。

SSC_1234 (2)
東京都交通局幕は、新7Eイベントでも見たことがありますが、
終車の赤枠が付いています。

SSC_1232

SSC_1238
一方で、天気の子ラッピングのB-P492もいました。

SSC_1242
今年度投入のE代と、最新・古参並び。

SSC_1248 (2)
ライト点灯、速度を落として撮影者に配慮してくださいました。

SSC_1249 (2)
会場近くにゆりかもめの高架があり、その下から曲がってきます。

SSC_1250 (2)
スカニアの2DG-NB4X2BVJ。

SSC_1253 (2)
そして扁平。裏被りが無くて助かりました。


DSC_0938 (2)
終盤間際になり撮影しやすくなってきたので展示車両を撮影。

4つ折戸のスペースランナーRAとあれば、
代替が早い西武では貴重なクルマですので、流石に撮りました。

DSC_0940 (2)
ホイールの笹色も段々と少なくなってきています。
大宮でも、PKG-規制の除籍が始まりました。

DSC_0946 (2)
バスまつり恒例の珍幕タイム。今年もやはりありました。
2019仕様のバスまつり幕。

DSC_0945

DSC_0950

DSC_0962 (2)

DSC_0951
合間に扁平も撮影。ライト点灯で終始公式側撮影が出来ました。

DSC_0958

DSC_0968
天気の子ラッピングも油断してると撮れずに終わりそうだったのでちょうど良かったです。

DSC_0973 (2)
国際興業からは池袋の3201が。
深夜の幕をゲットしました。

DSC_0975 (2)

DSC_0985 (2)
盛り上がっていたのが川口オートレース場シャトルの幕。


DSC_0988 (2)
気が早すぎ、令和2年の幕。


SSC_0028


SSC_0038
そして今回最大の注目である関東バスB3008。
言わずと知れた名物車両も最近は出番が少なく、そろそろ危ないのではとも。

幕回しはわずかでした。

DSC_0997


SSC_0042
こちらも少し気が早いですが2020年東京五輪の幕。

来年はシャトルバスがたくさん走るのでしょうか。

DSC_1006 (2)
そんなこんなで終了。

しかしここからが本番。


DSC_1015 (2)
各社の返却回送です。

普段走ることのない臨海地区の風景を入れるべく、あえて道路看板も入れました。

DSC_1016 (2)

DSC_1018 (2)

DSC_1019 (2)
まさかここで撮る日が来るとは。


DSC_1024 (2)
タワマンと三扉。

DSC_1026 (2)


DSC_1028 (2)
ノッテちゃん。

DSC_1029 (2)

DSC_1031 (2)
Vな幕を掲出いただきました!

DSC_1035 (2)

SSC_0069
天気の子で〆。

曇って良かったです。

またまた渡道。

過去に何回か撮影している道南バスですが、

まだ撮れていないネタ車を撮りに苫小牧と室蘭へ。

SSC_0548 (2)
≪道南バス(苫小牧市交通部カラー) U-LV324K改/元川崎市交通局≫

まずは朝の苫小牧。
既に影落ちだらけの厳しい時期です。

SSC_0549 (2)
≪道南バス(苫小牧市交通部カラー) U-LV324K/元東京都交通局≫

道内でも数少なくなった都営中古の7E+LV。

SSC_0550 (2)
≪道南バス(苫小牧市交通部カラー)KC-LV280L改 元京浜急行バス≫

釧路でも見かけた京急中古。

SSC_0551 (2)
≪道南バス KC-HU2MLCA/元東武バス≫

道内の中古車で主力といえる東武バスからの移籍組。

SSC_0611 (2)

SSC_0552 (2)
≪道南バス(苫小牧市交通部カラー) U-LV324K/元川崎市交通局≫

黒サッシが特徴の川崎7E。
苫小牧市交通部時代に相当川崎中古が入ったのか、現在でも頻繁に見かけます。

SSC_0553 (2)
≪道南バス KC-LV280Q≫
苫小牧市交通部からの引継ぎ車でありながら、道南カラーに塗り替えられている例。
しかも今年になってからだそうで…
Q尺ワンステは全国的にも大変貴重な車です。

SSC_0554 (2)
≪道南バス(苫小牧市交通部カラー)U-LV324K 元国際興業バス≫
移籍前の青い枠が残るKKK。

SSC_0610 (2)

SSC_0555 (2)
≪道南バス KC-HU2MLCA改/元横浜市交通局≫

ハマ市営も道内でお馴染みの存在。

タイトルなし2 (2)

SSC_0556 (2)

≪道南バス(苫小牧市交通部カラー)KC-LV280L 元京浜急行バス≫

こちらも京急から移籍。
苫小牧市交通部時代最後の中古車だそうです。

SSC_0557 (2)
≪道南バス PK-JP360NAN/元東急バス≫

代替が早い東急と、関東バスからの移籍が多い同社。


SSC_0558 (2)
≪道南バス(苫小牧市交通部カラー)KC-LV280Q≫

さきほどの846と異なり、市営カラーで残存するQ尺。

SSC_0559 (2)

≪道南バス(苫小牧市交通部カラー) U-LV324K/元川崎鶴見臨港バス≫

以前新千歳の路線に入っているのを見かけた臨港キュービックをまたしても捕獲。

SSC_0560 (2)
≪道南バス PK-HR7JPAC/元立川バス≫

そして今回の目的である、立川のエルガJ。
引退後は熊本と道南に移籍している貴重なエルガJをやっと撮ることが出来ました。
立川時代に撮影しているH406は熊本に行かないと見れません。


タイトルなし (2)


続いて伊達営業所へ。

SSC_0565
特定輸送車を狙いました。

SSC_0597 (2)
≪道南バス U-MP218M/元中日臨海バス≫

中日臨海のエアロMを沿線撮り。平日休みをきっちり有効活用しました。

そして室蘭へ。


SSC_0571 (2)
≪道南バス KL-UA452KAN改/元関東バス≫

今年移籍を果たした関東バス最後の新7EであったB1122です。
移籍前の姿を撮っており、今後も機会を見つけて撮りためたい車です。

SSC_0531


DSC_0247 (2)
≪道南バス KL-UA452KAN改/元関東バス≫
こちらも関東バスから移籍のUA。
関東バス時代はA1125を名乗っていましたが撮っていません。

SSC_0576 (2)
≪道南バス KC-MP717M/元神奈川中央交通≫


SSC_0580 (2)
≪道南バス PJ-MP35JK/元東急バス≫

KL₋規制からPJ-規制に中古市場が変化しつつあります。

SSC_0582
≪道南バス KC-UA460LSN改/元西武バス≫


SSC_0583 (2)
≪道南バス KL-UA452KAN改/元関東バス≫

7月に登録されたばかりの車。
それにしても関東バスの多いこと…

SSC_0584 (2)
≪道南バス KC-MP717M改/元神奈川中央交通≫

町田にいたリフト付きとして有名な42号車。

SSC_0585 (2)
≪道南バス KL-JP252NAN改/元関東バス≫

JPもきっちり移籍を果たしています。
関東バス東室蘭営業所!

SSC_0589 (2)
≪道南バス U-UA440NAN≫

自社発注の長尺7E。中扉が折戸になっておりかっこいいです。

SSC_0592 (2)
≪道南バス KL-UA452KAN/元西武バス≫

西武のUAもあっという間に淘汰され道北バスにも移籍しています。

SSC_0593 (2)
≪道南バス KC-MP337K/元関東バス≫

関東バスにいた蓄圧式ハイブリッド。
道南バスに5台とも移籍したようですがこの60号車は、前面左右にある「低公害車」ステッカーがきれいに残存しています。


SSC_0595 (2)

SSC_0606 (2)

≪道南バス(苫小牧市交通部カラー) U-MP218K/元川崎市交通局≫

道南の1台モノ、角目エアロM。


SSC_0622 (2)
≪道南バス KL-MS86MP/元京浜急行バス≫



SSC_0649
≪道南バス KC-LV771R1/元淡路交通≫

最後は淡路のガーラで。


以上です。



前回記事の続きです。

SSC_0015 (2)
≪阿寒バス PJ-LV234N1/元京急バス≫

SSC_0017 (2)
≪阿寒バス U-MS726S≫

自社発注のMS7系エアロバス。
状態が良いのか、今でも空港線に登板しています。


SSC_0018 (2)
≪根室交通 KL-MS86MP/元日本中央バス→北都交通≫

最近まで札幌を走っていたと一目でわかりましたが、元は日本中央バスだそうで。
根室交通は北都のグループなので塗装はそのままです。

SSC_0020 (2)
≪くしろバス U-LV324L/元立川バス≫

立川からは7Eも移籍しています。


SSC_0022 (2)
≪くしろバス KC-LR233J≫

自社発注のジャーニーK。
中型車が少ないのも、くしろバスの特徴と言えるでしょう。


SSC_0024 (2)
≪くしろバス U-MP218K/元川崎市交通局≫

川崎の角目エアロMも一応残存していました。
すぐに車庫に引っ込みましたが…

SSC_0029 (2)
≪阿寒バス KL-MP37JK/元京急バス≫

SSC_0030 (2)
≪くしろバス U-MK218J/元神奈川中央交通≫

こちらも無事生存確認。
神奈中からの移籍は近年途絶えていますが今後も無いでしょうか…

SSC_0035 (2)
≪くしろバス KL-LV280L1/元東武バス≫

お馴染み東武V8。
エルガ移籍勢では比較的最初の頃でした。
(500番以降急増しているため)

SSC_0037 (2)
≪くしろバス KC-LV380L/元川崎市交通局≫



この後は営業所巡りを。

SSC_0041
≪阿寒バス U-HU3KPEE≫

まずは阿寒バス本社。
見た感じでは丸目ブルリはこの1台しかいませんでした。

SSC_0052
それもそのはず。
都営バスから移籍した車も含めこれだけナンバー切られているとは…

SSC_0048
スクールではトップドアが辛うじて…

SSC_0058
また、敷地内には物置と化した廃車体が転がっています。
SSC_0056
道北バスもこんな感じでしたが…

SSC_0063
トップドアの温泉バスとか。


続いてくしろバス。

SSC_0067
京成グループからの新たな移籍車でしょうか。

SSC_0069
西東京エルガ、京急キュービックの並び。

2012年ごろ、札幌市内で京急カラーのキュービックを見たのですが、
もしかしたらこの車かもしれません。

SSC_0083
ルパンは車庫に…いつになったら撮れるのやら…

SSC_0094 (2)
≪くしろバス KL-LV280L1/元西東京バス≫
01年式の西東京エルガ。


SSC_0097 (2)


SSC_0105 (2)
移籍元は不明ですが…観光バスについても、少しでも撮るようにしています。


以上です。

北海道でのバスの写真を。

SSC_1220 (2)
≪阿寒バス PJ-LV234N1/元西武バス ≫

釧路は2017年2月以来でしたが、前回とは打って変わってエルガ天国に。
V8でお馴染みのKL-規制はもちろん、代替が早いことで有名な西武、京急からはPJ-規制も
流れてきていました。

SSC_1223 (2)
≪くしろバス U-LV324KS/元川崎鶴見臨港バス≫

キュービックも減っていますがそれでも数が多いのでまだ間に合います。

SSC_1226 (2)
≪くしろバス KC-LV380L/元川崎市交通局≫

この324はこの日何回も稼働を確認しました。
座席モケットはそのままなのでわかりやすいです。

SSC_1230 (2)
≪くしろバス KL-LV280L1/元京急バス≫   
京急の04年式V8。



SSC_1232 (2)
≪くしろバス KC-LV380L/元川崎市交通局≫

相方の400は前回撮りましたが、その後事故廃車となりました。

SSC_1233 (2)
≪阿寒バス KL-MP37JK/元京急バス≫

阿寒バスといえば丸目ブルリの印象でしたが、それは過去の話のようで、
今はこの京急からのエアロが主力となっているようです。

SSC_1236 (2)
≪くしろバス KL-LV280N1改/元京成バス≫

京成も代替が早いですが、グループ会社にはまだV8も残存しているとか。
そしてこのように第二の人生を歩む仲間もいます。

SSC_1238 (2)
≪くしろバス U-LV324L/元東武バス≫

4枚折戸がしびれる幕車7E。

SSC_1239 (2)
≪くしろバス PJ-LV234N1/元グローバル交通≫

埼玉にはタローズ、グローバルのような中小事業者も存在します。
そんな中、吉川や三郷で走っていたPJ-規制が数台、釧路へ移籍してきているようです。

DSC_0645 (2)
同型車。北海道でよく見るビッグの広告。

SSC_1241 (2)
≪くしろバス KC-LV380L/元神奈川中央交通≫

お馴染み神奈中古は未だ健在でした。

SSC_0001 (2)
≪くしろバス PJ-LV234L1/元西武バス≫

何とこちらは西武バス時代は、地元大宮で走っていたA7-232だとか。

SSC_0003 (2)
≪阿寒バス PJ-LV234L1/元京急バス≫

ナンバーが新しく、今年登録かと思ったら7月に運用開始したばかりだそうで。

SSC_0004 (2)
≪くしろバス KC-LV380L/元川崎市交通局≫

なぜか川崎が多い釧路であります。

SSC_0006 (2)
≪くしろバス KL-LV280L1改/元立川バス≫

ラッピングがされてしまい残念ですが、黒サッシが特徴的な立川バスからの1台モノです。

SSC_0007 (2)
≪くしろバス PJ-LV234L1/元川崎鶴見臨港バス≫

事故廃車となった400番が纏っていたラッピングを引き継いでいます…

SSC_0009 (2)
≪くしろバス KL-LV280L1改/元京急バス≫

エルガが多すぎて博物館状態…

SSC_0010 (2)
≪くしろバス KC-LV380L/元京急バス≫

SSC_0012 (2)
先ほどの376の相方である375。2台とも見れてラッキーでした。

SSC_0013 (2)
これもグローバル。

SSC_0014 (2)
≪くしろバス KC-LV280N/元高槻市交通部≫
はるばる高槻から来た西工96MC架装のLV。
川崎市交通局のようなラッピングです。

SSC_0102 (2)
同型車。こちらもラッピングされています。





このページのトップヘ