エルム中央交通

2019年03月

花曇り、これほどクソなものはない。最悪の土日でした。

本当は夕張に行っても良かったのですがお金を見て断念。

そして遠く離れた長崎の地では箱根登山鉄道、都電、仙台市電の残党が引退となりました。

私は昨年4月の車庫見学時に撮ってはいたのですが、
さすがに動くところを見たいと思い、都電(701号)が走る日を選んで行ってきました。

イメージ 1
まず車内を。

イメージ 2
都電時代は2000形を名乗っていた701号。
このとき、職員の方から最近は路面電車の日イベントで動いていますと聞いただけに、今回の引退は唐突過ぎです。

荒川車庫へ引き取られ6086号と並ぶことも無さそうです。

イメージ 3

さて、走行シーンを。

3/16は午前午後1往復でしたが、東京の始発の飛行機で長崎に行ったため、
午前は間に合わーず。アホ。

イメージ 4
浦上車庫を出て蛍茶屋へ向かう系統で午後順光かつ被りなし、と探すとここしかありませんでした。

長崎は、他の都市と比べても坂が多いので自転車被りの心配は無しですが、やはり車が多いので交差点で撮るのはほぼ不可能なのです。

練習電をいくつかピックアップ。

イメージ 5
ミトーカデザインのみなとも来ました。

イメージ 6
日の丸構図となりますが被りが無いのなら妥協です。

イメージ 7

ジェットスターの長崎行きは時間が中途半端なので使わないかな…

イメージ 8
某市電の某車両に似ている・・・・

イメージ 21


イメージ 9
そして本番。
通常ダイヤの合間を縫って貸切幕で登場。時代がタイムスリップした感覚です。

イメージ 10
車の裏被りも避けることができました。

イメージ 11
全力ダッシュして電停へ。

イメージ 12
サイド打ち。

後続電に乗って出島へ。

イメージ 13
観光地出島の建物をバックに撮ることが出来る有名撮影地。
ここも9割ぐらい被り無しで撮れます。

イメージ 14
正覚寺下→崇福寺と名前を変え大きな話題となっていましたが…まだ違和感が。

イメージ 15
本番。速度を落としゆっくり通過していきました。
さすが、レトロな建物にマッチしています。

イメージ 16
古参の211形と並び。

イメージ 17
束の間の並びの後、長崎駅前へと去っていきました。

イメージ 18
少し居残って撮影。

イメージ 19

イメージ 20
以上です。

普段から先回りして記録しておかないと痛い目に遭いますね。
ともあれ、長らくの活躍お疲れ様でした。

今日で路線バス事業を廃止した佐世保市交通局。

先日、電撃訪問をしてきましたのでその写真をご紹介。

イメージ 1
佐世保市内のバスはこれまで市営バス、子会社のさせぼバス、西肥バスが運行してきましたが、明日からはさせぼバス、西肥バスの2社体制となります。

乗客数の減少に伴い今後も地方都市ではバス会社の統廃合がみられるかもしれません。

イメージ 2
U-RJ3HJAA、既にこの車はさせぼバスへ移管されています。

イメージ 3
KC-LR333J、こちらもさせぼバス。市営バスの記録を目的としている以上、
古参車が来ても手放しには喜べなかったり。

イメージ 4
KK-RM252GAN改。やっと市営バスが来ました。新京成から来た車です。
「市〇〇」という付番方式となっています。

イメージ 5
こちらのチャボは座席モケットがそのままの、西東京バス中古。
中古車の導入もそこそこ多いように感じます。

イメージ 6
KL-LV280N1、自社発注ですが4枚折戸のV8エルガ。

イメージ 7
KL-JP252NAN。

イメージ 8
こちらは都営のJP。佐世保には以前から都営バスの中古が多数流れてきていたみたいですが、今はエアロスターKに代わってこの西工が一大勢力となっています。

イメージ 9
こちらも都営。

イメージ 10
こちらは京急から移籍のHU。1台モノのワンロマ車ですがあっさりと撮ることが出来ました。

イメージ 11
お待ちかねの神奈中古。運賃幕を埋めたMP317が複数台、稼働率も良さそうです。

イメージ 12
U-JM210JSN。

イメージ 13
神奈中古を順光で。

イメージ 14
これで3台目。LEDを止めてみました。

イメージ 15
佐世保市の市章が入っている貴重な1台なのでしょうか?
市章があったほうが引き締まります。

イメージ 16
またまた西東京。

イメージ 17
KK-MK23HJ。神奈中ミディも無事に回収。
エアロスターより狙うのが少し難しそうです。

イメージ 18
江ノ電バスの中古です。


イメージ 19
駅前にある局舎も撮影。

イメージ 20

イメージ 21

以上です。

天気予報を見て九州行きを急遽決断してしまいました。


イメージ 1
「或る列車」の長崎コースを喜々津俯瞰で。

イメージ 2
菜の花を入れてキハ200。キハ200の方がキハ66より運用が少ないので撮影側からしたら助かります。


イメージ 3
完全順光ではないですがサイド重視ということで…

イメージ 4
787系の臨時かもめ。


イメージ 5
キハ66は今回が初めてではないですが、前回はバスのついでに撮ったぐらいなので今回に賭ける思いはひとしお。

イメージ 6
3221D。朝は快速、日中は区間快速が運転されます。

イメージ 7
車内は、国鉄時代の面影を色濃く残しています。

イメージ 8
国鉄色との並びも押さえました。

イメージ 9
日本最西端となる佐世保駅にも到達。
残すは最南端。

イメージ 10
難読駅名である南風崎。ここには有名撮影地が。

イメージ 11
ハウステンボスカラーは1本のみとあって貴重です。

イメージ 12
国鉄色も運用通り流れてきました。
今回はリベンジ。

イメージ 13
〆はシーサイドライナー。

イメージ 14
何とハウステンボスまで歩けました。そしてここから高速バスで帰路に。


以上です。



昨日も長野に行きました。

イメージ 1
まずは5連の314Mから撮影。よく見たらS1編成でした。
ここでスカ色5連を撮りたいのですが…

続いて黒姫山バックへ。
何だかんだ、天気と運用をにらめっこし1年以上過ぎての再訪問です。

イメージ 2
318Mは、長野色S15編成でした。

7日に雪が多少降ったみたいで、まだ路盤にも雪がありました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
そして322M。東京よりはるかに寒いですがその分空気が澄んでいるので関係なし。
これで湘南、新旧長野は履修しました。

いったん長電を挟み、再び黒姫へ。
妙高山バックで撮れるお立ち台ですが思ったより人がいませんでした。

イメージ 6

328Mはここがベスト。

イメージ 7
そして車を飛ばし昨年12月に訪れた小諸ストへ。
昨日はまさにS15追っかけでした。

イメージ 8
しな鉄と台鉄コラボのS9編成。
事前にこの色が出ることは知っていましたが思ったより遅かったなという印象。

続行の快速はS7でしたが前にここで決めていたので

イメージ 9
こっちへ。

以上です。


先週は長野へ。

イメージ 1
長電3500系です。

長野電鉄というとゆけむりやスノーモンキーばかりが目立ち、3500系にスポットを当てるイベントがこれまであまり無かった(貸切は知りません)のですが、
先週ひな祭りの日にO6編成撮影会が開催されました。

イメージ 2
撮影会の前に地下区間でO2を撮影。
非冷房のO編成はこのO2のみ現役です。

イメージ 3
撮影会は午前午後で分かれていました。
まず午前の部は、O2編成が幕回し。
O6は内装撤去済みとのことで通電×。


イメージ 4
ということで撮影対象はO2メインに。

イメージ 5
ちなみに12年に廃止された屋代線の幕は出しましたが、02年に廃止の木島線の幕は出しませんでした。

イメージ 6

イメージ 7
ちなみにこの日はN7編成が長野口で稼働していました。

イメージ 8
そんなこんなで午前の部は終了。
車内にてグッズ販売会でしたがここは我慢。

イメージ 9
車内だけ撮影。

イメージ 10
午後の部開始。今度は、右側のN3編成が通電。


イメージ 11
幕の内容は午前同様、2000系の撮影会でヘッドマークを付けたこともあったみたいですが、今回はそれすらありません。

イメージ 12

イメージ 13
ちなみに屋根を撮ると三者三様。O6の八角ベンチレータが営団の名残みたいです。

イメージ 14

イメージ 15
撮影会終了後、ゆけむりと並ぶ一幕も。

イメージ 16
案外O6をすっきりと撮れる時間は限られていました。


以上です。
もっとお金取っていいので、その分幕の内容を充実させた3500系の撮影会をやってくれれば・・・・




このページのトップヘ