エルム中央交通

2018年10月

続き

イメージ 1



イメージ 2
原色と貨物色の違いがよく分かります。

イメージ 3
トップナンバーに一度は出会いたかった。その雄姿は引退してからもなお輝き続けていました。

イメージ 4

イメージ 5
みずほHM並び。

イメージ 6

イメージ 7
恒例のHM乱れ咲き。貨物関連のHMメインでした。

イメージ 8


イメージ 9
2019年の引退が決まった鯨ことEF200。


イメージ 10
EF67のトップナンバーも保存されています。
広島を象徴する機関車として今も一部が活躍しているEF67。

イメージ 11
今年は混乱防止なのか、貨物でこのHMを付けて走ることはありませんでした。

イメージ 12

イメージ 13
2000年のHMまで登場しました。


イメージ 14
以上です。

30号機は今後も保存してくれればいいのですが・・・・・


先週末は、
数年来行きたいと思いつつなかなか台風やネタ被り等で行けなかった広島車両所公開へ。

イメージ 1


イメージ 2
このEF500のように、ここでしか見られない車両があるため、1度は行く必要があるイベント。
来年以降さらに縮小の可能性があります。

イメージ 3
終了間際のヘッドマーク乱れ咲きがこのイベントの名物ですが、なぜか快速海峡のドラえもんHMが。

イメージ 4
山北や御殿場に保存されている印象が強いD52の1号機は、ここ広島にありました。

イメージ 5
警戒色が印象的なEF59。

イメージ 6
今年の西日本豪雨ではセノハチもやられました。

イメージ 7
少ない展示車両の中でひときわ目立っていたのがEF66 30号機。
このまま解体と思いきや、社員の塗装技術向上のために再塗装されました。

イメージ 8

なかなかここまできれいなゼロロクは見られません。

イメージ 9
車体吊り上げは新塗装化された桃の108号機。
新旧塗装の並びを撮れました。


イメージ 10

イメージ 11
まさかこの塗装が希少価値化するとは思いませんでした。


イメージ 12

イメージ 13




イメージ 14
日本海を駆け抜けたパーイチ。解体待ちでしょう。

イメージ 15
奥には北斗星色の510が。


続く



こんばんは。

昨日は予め晴れと分かっていたため、休みを申請して撮影に充てました。

この時期になると日の出も遅くなるため行くところが限られてきますが、
せっかく平日休みなので、平日にしか撮れないものを…と考えて、
関東鉄道常総線のキハ0、キハ310を撮りに行きました。

国鉄の気動車キハ17を車体更新した変わり種で、
キハ350が引退した後も国鉄の面影を今に伝える気動車として活躍しています。


イメージ 1
1022レ 早速キハ0を。
ちなみにキハ0や310は性能の関係から、運用が固定されており、今回は過去の目撃を頼りに撮影しました。
それでも撮り逃しが何回かありましたが。

イメージ 2
7030レ 下館からの直通快速。

イメージ 3
1032レ 貴重となってきたKanacカラー。

イメージ 4
1034レ キハ310が来ました。
国鉄風ツートンカラーは引退したのでこの色しか来ません。

イメージ 5
1036レ

イメージ 6
7038レ 快速。

イメージ 7
1042レ。少し場所を変えましたがいまいちでした。

イメージ 8
1046レ。

以上です。
また平日休みを獲得したら撮りに行きたいです。




この10月は色々と鉄道イベントがある一方で、常磐緩行線の209系が運用を離脱しましたので
今日はその記録です。

イメージ 1
LED切りですが、金町での記録。


イメージ 2
晩年は、小田急入線禁止を示すサークルEマークが付けられました。

イメージ 3

イメージ 4
2015年TK公開にて。この当時は地味な展示と思っていましたが、今となっては行っておいて正解でした。



イメージ 5

イメージ 6
霞ヶ関幕。千代田線で6000系も引退するため3色LEDの行き先も見れなくなりました。

ラストランだけは撮りに行きました。

イメージ 7
209系が団体幕を使用する機会は滅多にないということで、どちらかというとHMより幕目当て。

イメージ 8
なぜか北柏で止まったので、幕もじっくり撮影。

イメージ 9

イメージ 10
復路は馬橋~北松戸にて。
定期列車の合間を縫うため低速通過。


今後は中央線で活躍ということで、そっちの方は真面目に記録したいと思います。

以上です。


10/14が鉄道の日ということもあり、先週末は各地でイベントが目白押し。
特に13日は多くの撮影者を泣かせたのではないでしょうか。

そんな中、209系マト82ラストラン→高崎という選択をしました。

イメージ 1

2014年に初めて行った高崎の公開ですが、昨年はDD51を並べ、今年はEの祭典と称してELをずらり。
かつて東京機関区の脇を通るたびに心を躍らせたあの頃が蘇りました。

イメージ 2
東海道ブルトレのHMは鉄道博物館から借りたモノホン…

イメージ 3
今、この瞬間を楽しんで撮るしかありません。

イメージ 4
言葉も出ない。

イメージ 5
もちろん、青プレのD51もいいのですが。

イメージ 6
このイベントに行けなかったら…

イメージ 7
一方、こちらは比較的最後まで残ったブルトレである北陸、あけぼの。


イメージ 8
Pトップのイベント展示は正直何度も撮って飽きていましたが、こうした並べ方をされると、話は変わってきます。

イメージ 9
1053の撮影は、昨年のみなかみ重連以来。

イメージ 10
終始薄晴れだったのが悔やまれます。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

そう思わせてくれました。


今年がこうだったので、
来年以降このイベントがどう出てくるか読めませんが…


このページのトップヘ