エルム中央交通

2018年08月


弾丸ではありましたが、本日秋田へ行って男鹿線の再履修をしてきました。

イメージ 1
1122D 天王~二田にて。
今朝の秋田市内は予想以上に雲が多く、諦めかけていましたが何とか晴れ。
6月に晴れなかった時のリベンジを果たせました。

イメージ 2
1124Dからは4両になります。
追分付近の並走区間にて。

イメージ 3
続行の1126Dも、4両。
出戸浜~上二田にて撮影しましたが、草が高かったのが想定外…

イメージ 4
1128D。縁起のいい列番だけに晴は絶対条件でした。

ここで男鹿キハの晴れカットが通算5枚になったので、撮影を終了。


もう1つの目的はカシオペア紀行湯沢行き。


イメージ 5
弘前をお昼に出るので、順光になるのは能代以南ということになります。
ってことで羽後飯塚~大久保へ。

イメージ 6
ケツ打ちですがリゾートしらかみくまげら編成が来ました。
最後のキハ48しらかみですので、早いうちにちゃんとした写真を記録したいところです。

イメージ 7
そしてやってきたのは双頭釜の139号機。
秋田にゆかりのある機関車がやってきたので沿線の風景にもしっかりマッチ。
もう秋が近づいています。



と、ここで別記事にしようかと思いましたが大した内容でもないので、
本日の土崎公開でも。

イメージ 8
諸事情で戻ってきた1001。
昨年12月に撮って以来でした。

イメージ 9
こちらは、事前に展示が公表されていたナナゴ。

イメージ 10
その横には初見のあきたクルーズ号。四季島が運転日に秋田港までこの列車が運転されます。
元はリゾートしらかみブナ編成ですが、面影は無いです。

イメージ 11


イメージ 12
車体吊り上げに209系とありましたが、元C509編成のサハ209₋534です。

イメージ 13
イメージ 14
武蔵野線への転用改造真っ最中でした。


イメージ 15
このイベントに際して701系による臨時の秋田行きが運転。ヘッドマークが付きました。

イメージ 16

イメージ 17
415系はまだ残っていました。


イメージ 18
元うみねこ編成が手前に出てきました。
前回は奥に引っ込んでいましたが、時折車両の入換で位置が変わるようです。

以上です。
これで秋田はしばらく行く必要が無さそうです。







前回の続きです。

イメージ 1
LSE車内の様子。

イメージ 2
1981年にブルーリボン賞を受賞。
先日、当時の記念乗車券を新宿にて入手しました。

イメージ 3
高揚感高まる展望車です。

イメージ 4

イメージ 5
新松田を出て、富士山をバックに。

イメージ 6
やはり冬の青空は最高です。

イメージ 7
NYEの新百合バルブ。

イメージ 8
Sはこね代走は、VSEが入場している際に見られました。
末期になればなるほど同業が増えました。

イメージ 9
埼玉に引っ越してからは撮影回数が激減しました。

イメージ 10
イメージ 11
それでも今年の正月は、富水へ行きました。
ここは切り位置が難しいです。

イメージ 12

イメージ 13
最終撮影は7月1日となりました。

イメージ 14
最後はこのようなステッカーが側面に貼られました。

イメージ 16

イメージ 15


Good bye,LSE。



7月に定期運用が無くなった、小田急7000形LSE。
新塗装は既に消え、最後まで残ったのはオレンジの伝統色を身にまとった7003、7004。

イメージ 1
富士山バック。

イメージ 2
登戸ホーム延伸前。

イメージ 3
えのしま75号の大和B。


イメージ 4
急行線通過シーン。

イメージ 5
ロマンスカーが定期では入線しなくなった多摩線ですが、サンリオピューロランドがある関係で、時たまやってきました。

イメージ 6
ホームウェイで多摩線運用を持っていた頃。
ここは被りがシビアでしたが一発で撮れました。

イメージ 7
遊園カーブにて。

イメージ 8
定期検査以外にも、頻繁に大野工場に入場したため、試運転を撮る機会もありました。

イメージ 9

イメージ 10
残念ながら連結器カバーを開けた状態は撮れず。

イメージ 11

イメージ 12
一度だけ、前面展望席に乗ったこともあります。

イメージ 13

イメージ 14
続く


昨日アップした長野の後、高速を使って新潟に行きました。
お目当ては115系ですが、その前にこちら。

イメージ 1
長岡花火に伴う、クラツーの臨時。
関東から485系宴が上越国境を越えてやってきたので、上越線の有名撮影地である越後堀之内にて撮影。

この車両も最近は稼働率がいいので、そろそろ廃車なのではと疑ってしまいます。

イメージ 2
その後は帯織~東光寺へ。
以前、L編成の撮影に訪れて以来久々の訪問となりましたが、ここで、長岡花火に伴う新井快速6両を撮りました。

通過10分前に薄日が差したので、曇りは避けられました。
先頭は、先日大宮を出場したばかりのN34編成。

イメージ 3
そして翌朝。同行者の希望で、125M追っかけ撮影を敢行。
ド定番の出雲崎。

イメージ 4
追っかけ先は粟生津~分水の陸橋から。
最近は、もう少し粟生津寄りのストレートが人気のようです。

イメージ 5
日中越後南線ループのN36編成。
アンケート結果により、次期入場で弥彦色に塗り替えが決定しました。

イメージ 6
158Mは、差し替え無しで一次新潟色N37が入りました。
後ろは湘南N38。


イメージ 7
いい組み合わせです。

イメージ 8
そして翌日は、前日の158Mの返し運用である125Mをまたまた出雲崎で。


イメージ 9
125M追っかけはせず、前日撮れなかった6連の3371Mを北条にて。

イメージ 10
そしてまたDLばんえつ物語へ。前回行けなかった撮影地へ行きました。

イメージ 11
以前SLを撮りに来た時とは違い、背景に一切雲がないのでここ一択でした。

復路は撮らず、越後岩塚へ。

イメージ 12
しらゆきをバリ順で。

しかし肝心の3374M通過時には曇り、ここでの順光撮影は叶わず。

イメージ 13
おまけ
新潟駅地上ホーム跡。
思い出が詰まった地上ホームも着実に消えようとしています。


イメージ 14
新井快速の発着する8、9番のみ残っています。

イメージ 15
以上です。



夏休みということもあり、長野へ突発遠征してきました。

平日限定のおはようライナーを撮るのが最大の目的ではありますが、
ちょうどネタ日と重なったので早朝の姨捨へ。


イメージ 1
回8214M おはようライナー送り込み回送。
姨捨を通過する時間が早く、もう少しでシーズンオフになりそうです。

イメージ 2
おはようライナー本運転を撮るべく、桑ノ原周辺へ。
85レのブルサン6号機。

イメージ 3
E127系。

イメージ 4
5775レ。


イメージ 5
背後からやってきたEF64 37+クモユニ143。
最近は長総と長野駅の職員輸送に従事していたスカ色ですが、
湘南色が転属してきたことによってその場を追われ、東大宮で活躍することになったようです。


イメージ 6
おはようライナーの直前にやってくるピン電。211の3+3でした。

イメージ 7
そして本番。山を入れてみましたが立ち位置に悩みます。


イメージ 8
桑ノ原(信)で配給が停車している間に姨捨へ戻り、バリ順で。
そろそろ37が塗り替えられるっぽいので貴重な晴れカットとなりそうです。

イメージ 9
イメージ 10
せっかくなので、田沢ストまで追っかけ。
太陽が高いですが仕方なし。

イメージ 11
この後は長総も覗きました。
奥では189系M52編成が解体されているのが確認できました。



このページのトップヘ