エルム中央交通

2018年05月


11日の金曜日、珍しく平日休みということで、
ニコタマで朝練。

イメージ 1
急行トブコ。8627F充当でした。

イメージ 2
廃車が近いと噂される8694F。

イメージ 3
急行北越谷にも8500が。というか今なら平日朝で全編成コンプできそうなぐらいバンバン来ます。

イメージ 4
急行清澄に8606F。朝の上りは準急のイメージがありましたがやはり急行がお似合い。

イメージ 5
半蔵門行きというレア行き先には2001F。今後、OMへの転属が噂されていますが如何に。

イメージ 6
被りギリでしたが伊豆なつの8614F。検査は比較的最近通っているので真っ先には落ちないでしょうし、今のうちに撮りためたい。

イメージ 7
もう1本の8590である8695Fは長津田始発の準急で。
過密ダイヤですが意外と被りませんでした。

イメージ 8
ここで、OMの8500を。6020系の投入によりいつ落ちてもおかしくない存在です。

イメージ 9
8000系トップナンバー。メトロが意味深なプレスを出したせいでこの辺も今後が気になる存在に昇格しました。

イメージ 10
デビュー記念HMはいつまで付けているのやら、6122F。

イメージ 11
8628Fも検査切れが近いです。

イメージ 12

イメージ 13
清澄行きは平日ならではで、しかも何回か撮れるのでいいです。

イメージ 14
早切ってしまった8637F。

イメージ 15
2121F。サークルKなので東武線内ではまだ撮れません。

イメージ 16
秋刀魚。

イメージ 17
8636Fまで撮って、移動。


イメージ 18
無理やりですが梶が谷面縦。

イメージ 19
結局ここ以外思いつかなかった8606F。

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22
あとはたまプラーザで適当に撮りました。


小田急の通勤急行と迷いましたがこっちで正解でした。

以上です。

イメージ 1
昭和の東武を代表する特急車両といえば、1720系DRCですが、
急行りょうもうとして走っていた1800系も、目の覚める赤色で東武が誇る名物車両だったと思います。


ペコちゃん、イチハチ等の愛称で親しまれてきた1800系が、昨日を以てラストランとなりました。

イメージ 2
1800系の最終増備編成である1819F。
1987年製造、約30年の活躍に幕を下ろしました。

イメージ 3
2016年秋のGWまでは全然撮っていません。

ちなみに初乗車は2014年のGWの時です。



イメージ 4
昨日も大勢沸いた杉戸。


イメージ 5
栃木にて。


イメージ 6
下今市付近。


イメージ 7
稼働率が低いこともあり、車内はきれいでした。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
そんなイチハチですが、6050系区間快速廃止、500系リバティ誕生によって大きく運命を変えられることとなりました。
2017年GWより、日光臨の運用が無くなりました。


イメージ 11
当然撮影機会も減少。

そして昨日。

イメージ 12
細谷~木崎にて、単線区間を行く姿をようやっと記録。


イメージ 13
そしてラストカット。
廃車回送の日は行けないので。


以上です。

今日は秩父鉄道のイベントへ。

イメージ 1
昨年は種別幕故障だった8506Fも今年は掲出可能に。


イメージ 2
三田線6000系、今年は急行灯点灯でした。思えば昨年は8506と並んでいたもののイベントのHMで急行灯×でしたから、今年は格段に内容が良くなっています。


イメージ 3
また、昨年とは1車種増えて4本の電車が揃い踏みとなりました。
短い順光時間を活かし、それぞれ幕も変えて、大盤振る舞いでした。

イメージ 4
かつては準急があった秩父鉄道。初めてこの幕を見ました。


イメージ 5
幕はリクエスト方式。


イメージ 6
極めつけは野上です。


イメージ 7
一方の8506F。

イメージ 8
8500の幕が見づらくて残念ですが、一応ネタ幕を出していました。

イメージ 9
最終形態。これ以上幕を変えないとアナウンスしてから、8506を急行武蔵嵐山に変えていたので、
危うく撮り損ねるところでした。

イメージ 10
8000の急行幕といえば野田線でもまだ見れますが、やはりTJの行き先幕があってこそです…

イメージ 11

秩父夜祭のLED、夜祭自体行かないのでこういう時にきっちり回収。

イメージ 12

イメージ 13
デキ。今年は青がいないという異例事態に。赤はピンクになりました。

イメージ 14
昨年の大きな目玉だった5204編成。今年は何もありませんでした。
昨年行っといて正解でした。

イメージ 15
イベントならではの写真。

以上です。






昨日限りで引退した車両があります。上田電鉄7200系です。


イメージ 1
元東急7200系「ダイヤモンドカット」がまた1つ姿を消すことに。

イメージ 2
車内。まるまどりーむ号となって結構経ちましたが、扇風機等、東急時代の名残も見られます。

イメージ 3
都会出身とは言え、別所線の沿線風景にもマッチする車両でした。


イメージ 4
今年で製造50年を迎えた車両でしたが、その節目に引退ということに。

イメージ 5
運転台。


イメージ 6

イメージ 7
しかし、後継の1000系まるまどりーむ号が運用を開始して以降は稼働率が悪くなり、夕方出庫便で走ることが多くなりました。

イメージ 8
先に引退した7251~7254編成の分まで走り続けましたが、とうとう限界が来たようです。

イメージ 9
ラストラン当日は行けませんでしたが、その前の撮影会の際は撮りに行けました。

イメージ 10

イメージ 11

ちなみに上田の7200系の残党は豊橋と金沢八景にいるのは有名な話。


イメージ 12
今後については保存予定だとか。



イメージ 1
今月の画像…ことでんレトロ電車勢ぞろい。
毎年GWにはレトロ電車絡みのイベントが集中して組まれますが、ようやく今年は行くことが出来ました。
23号以外は生え抜き車両であり、90年走り続けている車もいます。
日々のメンテナンスに携わっている方々の尽力があってこそ。
グッズを買ったりして少しでもお金を落とすようにしました。


このページのトップヘ