エルム中央交通

2018年03月

昨日に引き続きE351系特集です。

イメージ 1
東京駅に乗り入れるSあず6号。
ここの駅先は、201系引退以来の人手だったと思います。

イメージ 2
赤レンガ駅舎と絡められるのがここのポイント。

イメージ 3
なお、351の車内ですが、新宿でサッと撮りました。
新製時より大規模な改修がされていないため、色褪せが目立ちます。

イメージ 4
量産車。

イメージ 5
こちらが、試作車のS1+S21編成。


イメージ 17

中央線の狭小トンネルを考慮した車体設計。

イメージ 6
幕コレクション。
あずさ代走も今年に入ってからあったようで。

イメージ 16



イメージ 7
大糸線乗入れは、かつて設定がありました。
廃止によって、貫通部の顔を見る機会が減少することになりました。

イメージ 8
2008年まで351の運用があったホームライナー小田原。

イメージ 18
レア行き先、中野。

イメージ 9

イメージ 10
そして351最後の撮影は中央ライナー八王子行きになりました。

イメージ 11
車両自体の装飾はされなかったものの、新宿駅にはこんなものが。

イメージ 12
上り最終のSあずとなった32号。

イメージ 13
中央ライナー2号@高円寺。
出勤前に撮りました。

イメージ 14
Sあず表示で入線の最終中央ライナー7号。

イメージ 15
最後まで特に荒れることもなく走ったようです。


4月にラストランがありますが、たぶん撮りに行かないので…


続き

イメージ 1
青柳~すずらんの里。

イメージ 10



イメージ 2

イメージ 3
351の代名詞である振り子式も、揺れがひどいことで有名になってしまったようです。

イメージ 4

鳥沢ももう行くことは無くなります。

イメージ 5

松本にて出区点検中の351並び。
営業で351の並びを撮ることは叶いませんでした。

イメージ 6


続いて、並びシリーズです。
イメージ 9

209系むさしの号と。



イメージ 7

今日引退した115系高崎車との並び。

イメージ 8

約1年前に廃車回送された485系R編成との並び。

こうして、中央線を通る数々の廃車回送を目にしていた351でしたが、ついに自身が廃車となる時が来ました。


イメージ 11



そして2018年3月になりました。


続く


先週土曜日にJRダイヤ改正が行われました。
今年も、様々な動きがありましたが、そんな中で、
中央線からまた1つ消えた車両がありました。

それが、1993年12月から走ってきたE351系です。

イメージ 1
特急スーパーあずさとして走り続けて25年。

イメージ 2
消えゆく6扉車E231系との離合。

イメージ 3
石和温泉に停車するSあずさ36号。

イメージ 4
初狩俯瞰。曇ったのが残念。

イメージ 5
塩崎~韮崎にて。3段脚立がまだ無かったので…

イメージ 6

イメージ 7
小名路は晴れました。


試作車と量産車ではクーラーや乗務員窓の高さ、インバータ制御装置等いくつか違いが見られました。


イメージ 8


イメージ 9
Sあず19号。231のTK出場回送の続行で撮っていました。

イメージ 10
昨年10月に引退した485系彩と新宿で並び。結局どちらも見納めになりました。


続く


ダイヤ改正当日となった今日の東京は終日晴れていました。

今月に入り、東京モノレールにピンク色の1000形が登場していたことを思い出し、久々に東京モノレールの撮影へ。


1964年の開業以来20億人の乗客となったそうで、3月末までピンクの1000形が走っているとのこと。数を減らしつつある1000形にラッピングとあって、撮らないわけにはいきません。


イメージ 1

まずはココ。背景が残念ですが、アウトカーブ構図で撮ることが出来ます。

イメージ 2




イメージ 3
桜トレインにも見えてしまう20億人記念ラッピングになった、1000形第1編成。

イメージ 4
続いて、天王洲アイルを出たところで。
最初からこっちで撮れば良かった感じがしましたが。

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7

2回目の撮影。裏被りは回避しました。

イメージ 8

後続はウルトラマンHMでした。

イメージ 9

やっと晴れカットを撮れた500形塗装。
今日は1000形初期塗装は車庫で寝てました。


イメージ 10
そして3発目の撮影地ですが、整備場駅が影落ちしていることが判明し、急遽天空橋へ潜るところを撮影することに。ただ、ここの撮影地のシーズンはもう終わっていますが…

イメージ 11


イメージ 12
ウルトラマン。

イメージ 13
携帯を見ていたら500が来たのでご覧のあり様。


以上。






南武線から205系が引退してはや2年。府中本町では隣の線路を走っていた武蔵野線の205系にも、ついに旅立ちの時がやってきたようです。

JR公式から、武蔵野線205系全編成の海外譲渡が発表されました。

武蔵野線の205系は、元中央総武緩行線、多数を占める元山手線、シンパでおなじみ元南武線、その他、元埼京線の中間が入った編成などバラエティ豊か。それら全て海の向こうへということですから驚きです。

イメージ 1
記念すべき第1号はM24編成でした。3月2日に配給されました。
しかも南武線と異なり、行き先幕がジャカルタになっています。

イメージ 2
その日の深夜、まず4両が新潟西港に早速運ばれました。

イメージ 3
2015年10月の同地点の様子。南武線の配給は計13回も撮りましたが、さすがに武蔵野は撮れて2、3回でしょう。

イメージ 4
展望台から俯瞰しましたが、明らかに以前より窓ガラスが汚くなっていました。

イメージ 5
この日の新潟は快晴でしたので、絶好の機会でした。

イメージ 6
そんなM24の現役時代。

イメージ 7
この編成は全て元山手線の車両を使っています。

イメージ 8
また、2本目の譲渡が先日行われましたが、M15編成でした。

イメージ 9

このM15、実は以前E231系疎開回送の際にこのような並びを撮っていました。

まさに新旧交代。




このページのトップヘ