エルム中央交通

2016年10月

そろそろ伊予鉄も終盤です。

イメージ 1

イメージ 2

朝ラッシュみたいに旧塗装が続けてきました。

イメージ 3


イメージ 14



イメージ 4

昼飯を食べ、市駅から松山駅へ歩きます。

イメージ 5

松山駅前でバスが並んでいたので撮影。

イメージ 6

エルガの方が先に新塗装化を終える気がします。

イメージ 12
古い日野マークの車も撮れました。

イメージ 13

新塗装×旧塗装バスver.

これにて四国の報告が全て終わりました。

2年ぶりに行くことが出来たわけですが、前回とは色々と変化があり、それなりの収穫もあったと思います。

続き

イメージ 1

2100形の旧塗装。

イメージ 2

徐々に場所を変えつつ撮りまくり。

イメージ 3

イメージ 4

すると後ろからいきなり坊っちゃん列車が。


イメージ 5



イメージ 6

そしてやってきた松山城バック。

イメージ 7

イメージ 8

愛媛県庁と2100形。

イメージ 9

イメージ 10

伊予鉄の観光バス。

イメージ 11


イメージ 12

イメージ 13

そうこうしているうちに先ほどの77号試運転が戻ってきました。運転席に3人いるのでやはり訓練っぽい。


イメージ 14

停留所から撮影した方が構図が定まりやすいです。

続く


伊予鉄撮影(10/12)の続きです。

イメージ 1

高浜行きで610形が行ったのを確認したため、横河原方面に行ってみました。
まずは石手川公園駅。ホームの途中に橋梁がかかっています。

イメージ 2

これが土木遺産という貴重な橋だということを知ったので急きょ降りたのです。

イメージ 3

横から見るとこんな感じです。

イメージ 4

そして牛渕団地前付近で沿線撮り。

松山中心部の方が晴れていたので、晴れてるうちに路面電車を撮影しておくことに。


イメージ 5

モハ50トップナンバー。

イメージ 6

新塗装72号。


イメージ 7

2000形と50形が離合。

イメージ 8

左が、最近オレンジになったと話題の57号。番号の近い54号と離合。

イメージ 9

撮影場所を南堀端に変更。

イメージ 10
ここでは市駅行きと道後行きが分かれるポイント。

イメージ 11

と、そこへ突然現れた試運転。
イメージ 12
元京都市電の2000形はそこまで塗装変更されていません。

そして先ほどの試運転が市駅から戻ってきました。

イメージ 13

検査と同時に塗装変更するはずですので、乗務員訓練かと思われます。

イメージ 14


イメージ 15

古町へ戻るのかと思いきや逆方向へ。
ということはこの辺にいればもう一度撮れそうだなと思い引き続き撮影。





続く





2日連続晴天で撮影に行ける日だったため、東武東上線へ。

大山~中板橋の通称大山カーブで撮影したことが無かったので行ってみました。


イメージ 1

早速被ってきました。

イメージ 2

何とか10両は入るようです。

イメージ 3

被り、30000を挟んで10030幕車準急。

イメージ 4

イメージ 5

9000系トップナンバー編成。

イメージ 6

10050。前回曇られたので今回ここで晴れカットをゲット。

イメージ 7

被りは最初と途中ちょこちょこあったぐらいで7割は被らず。

イメージ 8

50090の日中運用でフライング東上塗装が来てくれました。

11月で終わるのでそろそろ撮影者が増えるでしょう。

イメージ 9

先ほど被られた10000が成増始発の普通で戻ってきました。

イメージ 10


イメージ 11


11時40分~13時15分ぐらいまでいましたが噂通り順光時間が長いです。

また気が向いたら行ってみます。

続き

イメージ 1

イメージ 2

1年前はまだ効率が良かった印象でしたが、60000系の方が今日は多く来ました。

イメージ 3



イメージ 4

最後は10030の幕車で〆。

+αとは…
東武のHPを見ると200系プユマ塗装がちょうど来そうだったので伊勢崎線の花崎駅へ。


イメージ 5

10030リニューアル車。本線系統には機器更新タイプはありません。

イメージ 6

そしてまともに撮るのはこれが初めてのプユマ塗装。りょうもう18号に充当されていました。


イメージ 7

急行が来そうだったので春日部に戻ったついでに撮影。
今日はサイドから。

イメージ 8



以上です。

このページのトップヘ