エルム中央交通

2016年06月

続き

12時50分、500形が入庫してから30分間、撮影会が開催されました。

イメージ 1

ここで並べるのかと思いきや奥に引っ込んでいきました。

イメージ 2


イメージ 3

奥に引っ込むと552側が顔を出しました。
イメージ 4

幕は深沢。
イメージ 5

ここからは今日の写真ではなく、これまでの500形の写真を。

イメージ 6

555編成。2014年に行った時、このように車庫で休んでいました。

イメージ 7

昨年11月に引退した557編成。秋なので秋らしい柄のヘッドマーク。

イメージ 8

入れ替わりとなった5610編成との並び。

イメージ 9

イメージ 10

そして今年2月引退した559編成と、今日引退した551、500形同士の並びです。
イメージ 11

大船~富士見町にて、551編成。
大船工場への引き込み線跡の上を通ります。

イメージ 12

500形559編成運転台。

イメージ 13

大船入線。ここも常に人がいました。

イメージ 14

イメージ 15

車体妻面プレート。

という感じです。
500形は一部保存が決まっています。




昨日と今日は引退ラッシュ。
今日は埼玉でニューシャトル1000系の引退、そして神奈川では湘南モノレール500形が引退と相成りました。

どちらに行くか迷いましたが、湘南モノレールを選択。引退に際して、記念C型硬券配布、記念ポストカード配布があると聞き、行かない手はないと思いました。

記念硬券を手に入れ、早速551編成の撮影へ。

イメージ 1

富士見町にて、551の入れ替わりで入った5613編成との並び。この並びは今日やっと実現。



片瀬山~目白山下。湘南の海をバックに。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

続いて、湘南深沢~西鎌倉。背景が緑になるポイント。

イメージ 5

そして、大船駅に吸い込まれる様子。
イメージ 6

イメージ 7

湘南モノレールでは、500形が1編成引退するごとにヘッドマークを付けてきました。今回は551編成というより500形全体の引退を表すデザインです。

イメージ 8

大船駅ではその歴代ヘッドマークが。
イメージ 9

引退年数に結構ばらつきがあり、最初のは既に8年も経過しています。

イメージ 10

そして300、400形の引退記念ヘッドマーク。
イメージ 11

そしてその都度入れ替わってきた5600形のヘッドマーク。

イメージ 12

湘南深沢で駅撮り。
最後は、湘南深沢入庫を狙いました。
イメージ 13

イメージ 14

551の入れ替わりで出てきた5601編成。

イメージ 15

500形入庫前は、赤と黒が並んでいました。

いよいよ最後の撮影会です。



続き


イメージ 1

後期車、718編成。行先案内がLEDとなり、5000形にかなり近づきました。

イメージ 2

軽く流してみた717編成。

そして後期車で特筆すべきはこれ。

イメージ 3

716編成、ファイターズラッピング。

イメージ 4

一応全選手撮ってあります。

イメージ 5

昨年12月、惜しまれつつ引退。その役目は9000形902編成に引き継がれました。

イメージ 6

イメージ 7
707編成。

イメージ 8

705編成。

残念ながら全編成の記録は出来ませんでした。
これで札幌からチョッパ制御の車両が消滅となります。



今日は札幌でラストランを迎えた車両があります。
地下鉄東豊線7000形です。
ホームドアが付く関係で全車9000形と入れ替わり、引退となります。

イメージ 1


701編成は、1987年製造。今年に入ってもまだ生き残っていました。

イメージ 2

第1編成でも量産との違いはほとんどありません。
イメージ 3

東豊線の開業が1988年。唯一の1987年製となります。

イメージ 4

701~715編成のドア。車内ドア、内装に名所の絵が描かれるのは6000形譲り。
もともと東豊線は6000形が走る予定でしたから、随所に6000の名残りがあります。

イメージ 5

こちらが車内。椅子のひじ掛けが簡素です。後期車では改善されました。

イメージ 6

712編成。大通駅が最も撮影に向いていました。

イメージ 7

今日、ラストランを務めた715編成の写真。福住駅も引退間近にホーム柵(写真手前)が取り払われました。
イメージ 8

ポケモンのラッピングが施された704編成。

イメージ 9


イメージ 10
車体側面のこの札幌市章、7000形が最後になりました。
イメージ 11

ここにも7000形が。ホームから見える場所にありました。

イメージ 12

後期車の車内。94年の延伸開業時に増備。後期車は昨年に消えました。
イメージ 13

ドア。路線案内が大きな変更点で、5000形以降に採用されました。





18、19日の両日で、仙台の485系A1A2編成がさよなら運転を行いました。
1年前、新潟のT18が無くなり、秋には九州のDo32編成も無くなり、現役最後の国鉄特急色となったA1A2編成も、ついに引退ということになります。

18日は仙台→郡山でひばりをリバイバル。その後会津若松まであいづをリバイバル。その返しは恒例の赤幕あいづでした。

ひばりを、東北本線白石~越河で撮影すべく前夜に撮影地に行きました。既に何本も三脚が並んでおり、最終的には200人を超えました。
イメージ 2
先日置き換え宣告を受けた719系。

イメージ 1


列車移動なので、すぐに駅に戻って磐越西線方面へ。


イメージ 3

安子ヶ島~磐梯熱海にて。

復路は磐梯町以外は逆光なので捨てました。
イメージ 4

ちなみに485の前にキヤE193系East-i Dが登場。
イメージ 5

719系ノーマル+赤べえ塗装+フルーティア。フルーティアは昨年デビューですが初めて撮れました。

イメージ 6

今回は719系を撮っている人も多かったです。 この日は磐越西線で新津まで行き、そこから新潟経由で鶴岡まで行きました。

イメージ 12

鶴岡駅にて。

カシオペア紀行を捨ててまで撮ったものが翌朝のこちら。

イメージ 7

583系わくドリ返却 羽越本線羽前水沢~羽前大山。
首都圏以外では初めてわくドリを撮りました。
19日はつばさとして運転。
羽前大山→余目→新庄→羽前千歳と移動。
イメージ 13

「おくりびと」のロケ地ともなった同駅ホーム。


イメージ 8


イメージ 9

いよいよラストカット。山形~北山形の霞城公園で。山形城のお堀を絡めて撮れます。
イメージ 11

E3系新塗装も。
イメージ 10

帰る直前に左沢線の臨時、さくらんぼ風っこ号を撮影。キハ48の側面壁を取っ払ってトロッコ風になっている車両です。




このページのトップヘ