エルム中央交通

2015年03月


今日は、189系N102編成のムーンライト信州について紹介します。

ムーンライト信州は多客期の臨時夜行列車で、新宿を深夜23時54分に出て、翌朝大糸線の白馬駅に着きます。車両は、183/189系長野車が担当していますが、今月長野の183系N104編成(国鉄色)と、189系N103編成(あさま色)が運用離脱したため、N101編成(国鉄色)かN102編成(あさま色)のどちらかが登板することになりました。

残ったこの2編成は注目です。N101編成はJRマークを消して国鉄時代に近づけ、N102編成は現役最後のあさま色となって「ASAMA」のロゴが車体側面に復活しています。


イメージ 1

横川機関区跡地の「碓氷峠鉄道文化むら」に保存されている国鉄色の特急あさま。N101 編成と近いですが、側面の「JNR」マークは再現されていないので、こちらの方が国鉄時代により近いと言えます。

イメージ 2

一方、こちらが一応あさま色です・・・・・・・・・・・

一応側面の「ASAMA」ロゴはあります。
イメージ 3

こちらが当時あさま号を牽引していたEF63。現在では一部が体験運転用に園内を走っています。


さて、それでは現役最後のあさま色はどうなのでしょうか。
深夜の新宿駅に突撃です。
撮影者がたくさんいました。
イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

ムーンライト信州は赤文字で書かれています。
停車時間は20分ほど。
深夜なのでもう行かないと思いますが、新幹線開業後、いつ離脱するかわからないあさま色を撮れて良かったです。


今回は阪急2300系についてです。
阪急2300系は歴史に残る名車でした。
1960年にデビューし、翌1961年に第1回ローレル賞を受賞。また、東海道新幹線開業前に新幹線の線路を試験走行したこともあります。


イメージ 1


イメージ 2


写真はすべて昨年9月に撮影したもの。

イメージ 3

阪急のターミナル駅梅田にて。
イメージ 4

イメージ 5

京都線西京極駅で撮影。
晩年は京都線でよく見られました。
イメージ 6

撮影したのはこれだけです。


今月はJRのダイヤ改正が大きく報じられていますが、その一方私鉄でも車両の引退がありました。
関東では千葉県の北総鉄道の7260形。関西では阪急2300系。どちらも40年以上走った車両で、時を同じくしてさよなら運転やイベントが行われました。

そこで今回は北総7260形について振り返ります。
7260形は2006年に京成3300形8両を貸し出してもらったものです。
検査期限が3月だったことから引退が噂されていました。

そしてその噂は現実に。
京成では3000形8両2本を新たに増備、その代わりに京成3300形8両が廃車に、そして北総から7260形8両を返却してもらってそれを廃車にしました。

では北総はどうしたかというと、今度は京成3700形を貸し出してもらい7300形7818編成としました。
こういう形をとって車両のやりくりをする鉄道会社も北総ぐらいではないでしょうか。


さて、この7260形は北総線、京成押上線、都営浅草線、京急線と、幅広い運用だったため遭遇するのは容易でした。
引退の時点で、日本最古の地下鉄乗り入れ車でした。


イメージ 1
松飛台駅で昨年2月に撮影。雪が降った後に撮ったので、雪と白い車体のコラボになりました。

イメージ 2

これまたカーブですが京急線の北品川駅で撮影したもの。
イメージ 3


平日だと朝夕しか動かないパターンもありました。

この他にも何枚かありますが、ブログですでに挙げているので割愛。

今日、京成の宗吾参道基地へ返却回送されるとのことで京成沿線に行きました。

場所は、以前3300形を撮った市川真間~国府台。
IMG_0184_NEW



89N 回 の文字。
イメージ 5

市川真間で待避。3000形と並んでいます。
イメージ 6

発車間際の様子。
警笛を鳴らし去っていきました。

続き

イメージ 1

さて、先ほどの185系の回送です。
京葉線に入った臨時列車は必ず東京駅まで行って折り返します。
通過線があるので被らない駅です。
イメージ 2

幕はもちろん回送です。
続いて485系を改造した彩です。

イメージ 3

車両ごとに塗色が違います。
イメージ 4

回送のときはピンク先頭で撮れました。

以上でこの日は終わりですが、スターライト舞浜は昨年夏まで485系を使用していました。
イメージ 5

市川塩浜で撮ったものです。
このK-1編成はダイヤ改正でお役御免になり廃車に。
現在、現役の純正485系は3編成だけです(T18編成、A1+A2編成、Dо32編成)。
ずいぶん減りました。



土曜日は武蔵野線沿線に行ってきました。
東京ディズニーランドにいく臨時列車が多数運転され、そのルートに位置する武蔵野線には多くの撮影者がいました。

【内訳】
583系わくわくドリーム号(青森~舞浜)
651系ぶらり川越号(日立~川越、南流山から武蔵野線)
185系TDR臨
E653系スターライト舞浜号(新潟~舞浜)
485系彩TDR団臨(信濃大町~舞浜)

651系以外はすべて舞浜行きです。

撮影は吉川美南駅をメインに設定。
上記のうち一番最初に583系が通過しますがパスし、その30分後のE653系を狙います。
イメージ 1

ブラックフェイスの下に白い空間がありますが、昔はここに「Hitachi Express」と書かれていました。
この吉川美南ですが、ホームも広めで撮りやすいのです。

次は間隔があいて先ほど捨てた583系の回送を撮りました。
イメージ 2

この583系もこれまで何度か撮影しています。

イメージ 3

続いてぶらり川越号の651系が登場。
これもかつて常磐線の特急スーパーひたち(現・ひたち)として1989年から2012年まで活躍。いったん常磐線を去りましたが、E657系の改造工事のため1編成が復活し、朝夜にその姿を見ることが出来ました。
イメージ 4

これがその代走の姿。しかし今年のダイヤ改正で代走を終了し正式に常磐線から撤退。

イメージ 5

先ほどの折り返しも撮影し、場所移動しました。
今度は京葉線の市川塩浜駅です。
ここで185系を撮影しました。練習なしの一発で。
イメージ 6

B2編成、ストライプ塗装です。
185系は、最近は波動用も多く色々なところで見れるようになりました。

次は葛西臨海公園で彩と185系の回送を狙います。
続く



このページのトップヘ